医局崩壊

医局でどう生き残るかから自分で生き残りを考える時代に!

昭和の時代には、医局での立ち回り方で一生が決まると言っても過言ではなかったのかもしれません。平成の時代に入りもはや医局の権威は完全に失墜してしまったと言っても言い過ぎではないと思われます。大学病院で理想の医療を求めても、現実には不可能に近いのではないだろうか?まるでサラリーマンのようにリストラを待ってでもいるかのような危機感に襲われたとしても全く不思議ではないのが現状ではないでしょうか?

 

もはや、人間としてどう生きるかを犠牲にしてまで医局に尽くそうという方の方が珍しいのかもしれません。そうした医師の方が真剣に将来を考えた結果たどり着くのが現在の医師転職サイトなのだと思います。当サイトでは、M3キャリアエージェントとリクルートドクターズキャリアについて考えてみたいと思います。

このままでは、開業資金などたまらない?
子供の教育に関する疑問
転職をしてこの先の未来が開けるとは限らない!
今までのキャリアを活かせる職場など存在するのだろうか?
銀行に開業資金を借りる為の準備。

理想と現実の狭間で揺れる毎日から、転職サイトなんかで道が開けるわけがない!
そう考えるのがごくごく当たり前だと思います。

 

医療の理想を捨てて、金を取るのか?
そんな反論も聞こえてくるかもしれません。

 

厚生労働省の方針がおかしいとしても、力を失いつつある医局には、
もはや正当な反抗すらできないと思いませんか?

真のインフォームドコンセントの実践
薬漬けでない治療と予防医学への転換
医局や医師会を向いた医療ではなく、患者のためになる医療

あなたが知らないところで現代医療の抱える矛盾と戦っている人々がいるはずです。どうせなら同じビジョンを持った人と仕事をしてみたいと思いませんか?単なる理想論に終始するのではなく、現実と戦う日々こそ真の実力を蓄えるのには必要なのではないでしょうか?

 

生き残りを考えるのではなく、患者の方を向けば生き残るのは必然です。将来的に、適正な診療報酬を得るためには、たとえ陰口を叩かれようとも個人としての力を蓄えていくしかありません。そして、現実的に自分の力を発揮しやすい場を見つける手助けをしている会社がいくつもあるのです。

 

なかでも、M3キャリアエージェントとリクルートドクターズキャリアはかなりの信頼を得ているのではないでしょうか?両者の成り立ちや現状を分析していくとかなりの違いがあることがよくわかります。

M3キャリアエージェントとリクルートドクターズキャリアの決定的な違い

結論から行くと、M3キャリアエージェントに登録する方が断然有利であると考えています。決定的な違いは、会社の成り立ちではないでしょうか?株式会社日本医療情報センターが株式会社リクルートドクターズキャリアに変わり、様々な変革によって優秀なキャリアアドバイザーはかなり流出してしまったと言えます。

 

これに対してM3キャリアエージェントは、優秀なアドバイザーが流出していないことに加え、秘密保持が徹底されていることから転職する医師の多くが使っているという現実があるのです。

 

アルバイトをするだけと割り切るならば、リクルートドクターズキャリアでも充分な情報を得ることができると思いますが、真剣に自分にあった職場はどんなところなのかを模索するのであればエムスリーキャリアエージェントの方が良いと思います。結局は、本当に狭い世界なので、信頼が第一です。サイト上で、コンサルタントの顔が確認できる点もとても良いと思います。

 

非常勤医師の求人を探す場合も常勤医師求人に登録することをおすすめします。単にアルバイトを探しているだけという方よりも転職を真剣に考えている方のほうがより真剣にコンサルタントが取り組んでくれるからです。

 

M3キャリアエージェントへ

 

実際に転職するかどうかは、非常勤で勤めてみてからでも遅くありませんし、まずは、様々なことを相談してみることから自分が本当に求めることが見えてくる場合もあります。転職するまでの期間は、短い方で半年程度、長い方では3年程度です。決して焦らず、自分と向き合うことが可能な時間です。転職が決まりそうになると吹っ切れて現在の職場での評価が高まってしまって実際に転職には至らないことが多いのがM3を使った人の難点みたいです。

医師の真剣な転職の相談に応えます。

エムスリー登録