実際に転職した人々の不安

円グラフ

 

不安の主な理由とは?

【21%】病院・クリニックが自分に合うか、判断するための情報が手に入らなかった。 
【18%】労働条件(給与・待遇等)をどのように調整すればよいか、わからなかった。 
【14%】新しい職場での労働条件が入職前の条件と違い困った。
【12%】どのように病院・クリニックの求人情報を収集すればよいのかわからなかった。
【11%】現職の関係者とどのように退職について合意するか?どのように伝えるか悩んだ。
【8%】病院・クリニックと業務内容をどのように調整すればよいかわからなかった。
【4%】今後どのようなキャリアを積んでいきたいかはっきりわからなかった。
【4%】病院・クリニックとの面接にあたって何を準備すればよいのかわからなかった。
【4%】新しい職場への順応・適応ができずに困った。
【4%】その他

このアンケートから見えてくるもの

勤務している時には、考えもしなかったことを転職するとなると考えなければいけないような気がします。そして、自分の労働条件を改善したいと願っているご本人が病院と交渉することの難しさも垣間見ることができますよね。結局、このような交渉事は、他人に任せたほうが良いということになるのだと思います。

 

では、いったい誰に任せれば安心なのか?
これもまた非常にわかりにくいことですが、医師が転職するということが現在どういうことなのかを非常によく知っている人物に任せるのが良いのではないでしょうか?病院に医師を紹介してなんぼ?といったコンサルタントにあたってしまわないためには、こちらの会社が良いと思います。 エムスリーキャリアエージェント

医師の真剣な転職の相談に応えます。

エムスリー登録