医療を受ける人びと

医師が医療を受ける人々を尊重するのは当然のことです。
にもかかわらず、尊重できない病院の多さといったら半端な数ではありません。

 

変に囲い込まなくても、変に薬漬けにしなくても
良い病院は現在でも存在し続けます。

 

患者を尊重するからこそ医師の未来も病院の未来もあるはずなのに
そこに気がつけないどうにもならない病院長や理事長が多いのですね。

 

現在は、病院にとってチャンスの時代とも言えるのではないでしょうか?
それは、真剣に患者に向き合う病院が少ないからです。

 

普通のビジネスであれば当然大切にされる顧客重視という考え方が
病院の経営者にはまずないような気がします。

 

患者のことを顧客だと思えば当然あるべき姿が見えてくるはずだと思うのです。
製薬会社のほうを見ているとは言えないまでも、いかに儲けるかという病院から
患者は時間をかけて逃げ出していくでしょうね。
エムスリーキャリアで転職先を探してみる!

医師の真剣な転職の相談に応えます。

エムスリー登録

患者の尊重関連ページ

医師の生涯学習
医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
医の尊厳と責任
医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
医療関係者との協力
医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。専門医の必要性を決して軽んじるつもりはありませんが、専門医の権威こそが医師の協力関係を破壊しているとも言えなくはありません。
医療の公共性
医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。
営利目的
医師は医業にあたって営利を目的としない。もし、医師が営利を目的としていなかったとしても、病院は営利を目的としています。