協力関係のある医療

専門医の必要性を決して軽んじるつもりはありませんが、専門医の権威こそが医師の協力関係を破壊しているとも言えなくはありません。様々な協力関係が築かれる中で、昔ながらの閉鎖的な医局の権威が安易な協力関係に水を差すわけです。

 

複雑な症状の病気のすべてが解明されているわけではないにもかかわらず、医者は概ねわかったような気になりやすい職業なのかもしれません。横のつながりが極めて希薄なのは決して良いことではないでしょう。このことは霞ヶ関のあり方にも通じます。

 

他人の研究より自分の権威を高める研究。良いものを素直に取り入れることができない医局当怪物に今なお雁字搦めにされているうちに、いったい誰と協力関係を築くべきかもわからなくなってしまうのかもしれません。結局は非常に狭い世界であることが、外部から見ると不自然極まりない協力関係に終始してしまうのかもしれません。

 

狭い世界の群集心理に対抗しうる独立心こそ、真の協力には必要なのではないでしょうか?
エムスリーキャリアで転職先を探してみる!

医師の真剣な転職の相談に応えます。

エムスリー登録

医療関係者との協力関連ページ

医師の生涯学習
医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
医の尊厳と責任
医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
患者の尊重
医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。
医療の公共性
医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。
営利目的
医師は医業にあたって営利を目的としない。もし、医師が営利を目的としていなかったとしても、病院は営利を目的としています。